evam eva yamanashi うちなる光 -stillness-

 

 

 

 

 

 

 

こちら installation view は山本昌男さんが撮ってくださいました。

なにからなにまでお世話になった山本昌男さん、山本玲子さんに感謝。

 

「うちなる光 -stillness‐」 つぎなる会場へと光を運びます。


2018年3月31日(土)18〜20時 bookobscura トークイベント開催のお知らせ

海南市下津町FROM FARM


産地にて生絞りジュース、農家のみなさまみかんを収穫してくださったみなさま、そして目の前でぎゅぎゅっとジュースを絞ってくださるこーちゃんなおちゃんの愛に感謝しありがたくいただく。

 

今週末のお知らせです。
3月31日(土)18〜20時。
吉祥寺・bookobscura にて、店主・黒由衣さんとお話させていただきます。

写真のこと、その他なんでもお話します。
たくさんご質問くださると嬉しいです。
ぜひご参加ください。

 

日時:3月31日(土)18〜20時 
定員:30名 
参加費:1,500円(ドリンク代込み)
__________________

件名:木村さんトークイベント 
参加者名: 
人数: 
ご連絡先:(電話番号)

__________________

 

上記を明記の上、メールにてお申し込みください。 
申込先:bookobscura@indoorbooks.jp 担当:黒 
*お申し込み後、折り返しメールにてご連絡いたします 
*キャンセルの場合にはお早めにご連絡頂けますようお願い致します。 
*参加費は当日お支払いください。


吉祥寺 book obscura 『 i 』展のお知らせ

吉祥寺(井の頭)にあります、写真集を中心にアートブックやリトルプレスを取り扱う古書・新刊書店 「book obscura ブックオブスキュラ」さんの展示スペースにて、作品『 i 』の展示をさせていただきます。

 

会期 2018年3月21日(水)〜4月9日(月)
時間 12〜20時

 

*定休日:火・水曜日
*土日、祝日は営業 

 

会場 book obscura ブックオブスキュラ
   〒181-0001 三鷹市井の頭4-21-5 #103
   JR・京王井之頭線「吉祥寺駅」から徒歩10分

 

*地図はこちらより(google mapが開きます)

 

本や作品を眺めながら美味しい珈琲がいただける、うつくしいお店です。

在廊日ほか詳細は、あらためてお知らせいたします。


evam eva yamanashi うちなる光 3月5日(月)までです

evam eva yamanashi 「うちなる光-stillness-」の展示期間、週末はあと2回を残すのみとなりました。
わたしは2月25日(日)、3月4日(日)の2回の日曜日、そして3月5日(月)の最終日を在廊させていただく予定です。

 

evam eva yamanashi が昨年の3月に誕生し、それまでもevam eva から生まれるものに日々のよろこびをいただいてきた私にとって、大好きになる場所であることは間違いないと思っていました。

 

初訪問は夏のおわり。

細やかで丁寧でおこころのこもったしつらえ、おもてなしに、あたたかい気持ちでいっぱいの素敵な時間を過ごしました。

そして深まりゆく秋を感じながら再訪、展示はいちばん寒い季節に始まりゆっくり春に向かっていきました。

 

 

横浜に住んでいる私は、先ず八王子駅まで横浜線、そこから「特急あずさ」に乗って1時間、中央線らしい木々の光をたのしみながら勝沼のブドウ畑をぬけて甲府駅に到着します。
甲府駅からevam eva yamanashiまではバスか車ですが、ひろびろとした盆地を走る車が、川を渡るときに美しい山並みにぐるりと囲まれる瞬間があって、目と心が洗われるような気持ちになるのでした。

 

到着すると長屋の門に出迎えられ、一歩足を踏み入れると、おだやかで凛とした空気に包まれます。


お洋服が並ぶ「色」お食事やお茶がいただける「味」そしてギャラリー「形」と3つの建物がやわらかい森のなかに点在し、芝生がひろがる広場から眺める山並みがまた、ため息が出るほど美しく、この風景を日々みつめてきた人々の手によって生まれるからこそ、このお洋服なのだと確認するのでした。

 

先週も在廊させていただいていましたが、ゆっくりとあたりが暗くなってきたのでそろそろ帰ろうかーとギャラリーの外に出たら、お庭からのぞむ空のグラデーションとその中心に浮かぶ細ーい月が、心に沁みました。

 

その景色に見送られながら、甲府をあとにしました。

 

このたびの展示は、山本玲子さんが「うちなる光」として雑誌『未明』(間もなく発刊と伺っています)の企画のために山本昌男さんと私の写真作品を組み合わせて平面におさめられたものを、空間として立ち上げてくださいました。

作品のセレクションから配置にいたるまでを玲子さんが考えてくださって、私には到底できない素晴らしい展示となりました。

 

私は今回の展示をとおして、山本昌男さんの作品にある「優しさ」をとっても感じました。
昌男さんという人そのもの、その優しさは私たちの心を温め、昌男さんのユーモアは私たちをちょっとだけ鳥にしてくれる。
鳥になって俯瞰したとき人間界にたくさん愛が見えるから、また安心して人間に戻れるんだなと思いました。

 

展示を観てくださったみなさまは、どんなことを感じられたでしょうか?

 

【さて、電車でご移動される方へ参考情報です】

土曜日と日曜日のおすすめスケジュールをご紹介させていただきます。
8時30分新宿発の「あずさ7号」で甲府へ。(八王子は9時7分発)
甲府駅には10時15分に到着。
甲府駅南口のバスターミナル3番線から「豊富」行き、10時31分発のバスに乗ります。
山並みを眺めながらバスに50分ほど揺られて11時30分ごろ、終点「豊富」に到着。
ここから5分ほどで、evam eva yamanashiに着きます。

 

到着したら、先ずは「味」でランチ。

 

一の膳。

 

二の膳。


お席に限りがございますので、ご予約されたほうが安心です。(電話:055-267-8342)

小さなお子様連れも歓迎してくださいます、おとりわけしてお食事を召し上がってください。
3000円の「お膳」をゆっくり味わえます。美味しい。店内も器も何もかもすてきでいっきに幸せになります。

 

山梨の日本酒もとっても美味しいので、アルコールOKな方は是非召し上がってください。

(先週は両親がきれくれて日本酒が美味しすぎて、わたしは飲みすぎました)


ランチのあとは、お隣の茶房でゆっくりお茶を愉しめます。

 


小さいお子さんが退屈されたら、お庭で走り回ったり、実や葉っぱをひろったり、たくさん遊べます。

 

「色」でお買い物をゆっくり楽しみ「形」でさらにゆっくり過ごします。
お庭でゆっくり。
そうこうしているうちに夕方、淡いグラデーションの空に浮かぶ月がかがやく時間がやってきます。

 

先ほど降りたバス停に、17時5分始発のバスが待っていますので、甲府駅へ戻ります。
18時5分甲府駅発の「あずさ28号」でゆっくり日常へ。
私は、駅にあるデパートで甲州発酵柿の葉寿司「甲斐サーモン」と「アワビの煮貝」のお寿司を買って車内でのんびりしながら軽い晩御飯するのがお気に入りです。(ビールにも合います)

 

なお、お車のある方には絶景温泉「みたま湯」さんや「道の駅とよとみ」に足をのばされるのもおすすめ、それぞれに、ほどなく到着します。

 

私もあと2回の訪問が楽しみです。
展示期間最後の日曜日、3月4日(日)には青柳拓次さんのライブが待っています。
これについては、また書かせていただきますね。

みなさまもぜひ、山笑う春の甲府へお出かけくださいませ。


うちなる光 stillness  木村朗子+山本昌男 写真展 始まりました

evam eva yamanashi での展示が始まっています。

先週の土曜日はレセプションに参加させていただきました。

お写真を中心に、会場の様子を少しご紹介させていただけたらと思います。

 

写真家の山本昌男さん。

 

お着物がお似合いの山本玲子さん。この展覧会のキュレーションをしてくださいました。

 

ギャラリーからのぞむ山並みが美しい。

 

この季節特有の凛とした空気が気持ちよいです。

 

Restaurant「味」のエントランスには山本昌男さんの作品。

 

Restaurant「味」に私の作品、沖縄はやんばるで撮影したもの。

 

 

Restaurant「味」の器コーナーにも作品の展示がございます。こちらは青森の藍池で撮影した作品です。

 

Shop「色」店内にも、作品がございますのでぜひお立ち寄りください。

 

こちらの建物がGallery「形」です。

 

門につづく道、うっすらと雪化粧した山並みが美しい。

 

世界中にたくさんのファンがいらっしゃる山本昌男さんの作品。

evam eva さんがしつらえた素晴らしい空間にさまざまなシリーズから構成された昌男さんの作品が並んでいます。

贅沢極まりありません。

 

evamevaデザイナーの近藤尚子さんがこの展覧会のためにセレクトしてくださった木村朗子作品ポートフォリオの限定販売もございます。

10点の作品をそれぞれミュージアムボードでブックマット、英国王室御用達 G.Ryder社製の無酸性ボックスに納められています。

箱の中をご覧になりたい方はお気軽にスタッフにお声をかけてください。

 

 

展覧会は「ライブ」で、場所、作品、準備にたずさわるメンバーに観てくださる方が加わり、

その調和のなかに生まれるもので、何度同じ展示を観ても同じものは二度とない一回性のもの、出会いなのだと思います。

 

設置作業が終わると私も「鑑賞者」となり、その一回一回を味わうことになります。

 

展覧会が終わりどなたかとご縁をいただいた作品はその方のもとへ、そして、その方の生活を奏でる一部となっていきます。

 

縁ある作品が自分の家にやってきたとき、私は先ず掃除から始めます。

そのものがおさまるふさわしい場所をしつらえることは、暮らしを整えなおすことにつながり、また新しい気持ちで今日を迎えることになります。

 

何年も向き合っている作品でも、その日その日で見え方が違い、あらたな発見がある− 作品を暮らしとともにするのは贅沢な楽しみですが、それはまるで鏡のように自分のこころのあり様をうつしてくれるように思います。

 

都心から1時間半ほどのドライブで evam eva yamanashi に到着します。

「味」のお食事がとても美味しいので、ぜひお食事の時間帯をめがけておでかけください。

「色」でのお買い物も楽しいと思います〜。

そして近くに温泉もございますので、温まってお帰りいただくのもおすすめです。

 

このたびの展覧会を「うちなる光」としてキュレーションしてくださった山本玲子さんの想いがそのまま形となった温かい空間へ、みなさまのご来場を心からお待ち申し上げます。

 

evam eva yamanashi  http://evameva-yamanashi.com/

google map は、こちらです。


うちなる光 stillness  木村朗子+山本昌男 写真展

evam eva yamanashi での展示のお知らせをさせていただきます。

 

「うちなる光 stillness    木村朗子+山本昌男 写真展」

 

Masao Yamamoto 

 

Akiko Kimura

 

会期 2018年1月26日(金)〜2018年3月5日(月) ※2月15日(木)より展示内容が変わります

時間 11:00〜19:00 ※水曜日定休

*1月27日(土)15:00〜 オープニングレセプションパーティー

 

会場 evam eva yamanashi

山梨県中央市関原885 (甲府駅から車で約30分、バスもございます)

 

在廊予定

1月27日(土)/  2月18日(日)/  3月4日(日)、5日(月)

※その他の在廊日程は、随時 evam eva HPにてお知らせいたします。

 

展示期間中関連イベント

2月3日(土) 詩人 白井明大さんお話会 「旧暦のある暮らし 春隣りにて」

14:00〜

 

3月4日(日) 音楽家  Takuji (青柳拓次さん)LIVE

13:30  開場 / 14:00  開演

※ご予約等詳細については、後日 evam eva HPにてお知らせがございますので、ご確認ください。

 

*****

 

2000年、東京南青山のSpiral Galleryでの山本昌男展に訪れた木村が一通の手紙を出して…

それがふたりの出会いでした。

それぞれの道を歩みながらも、たまの接点に於いてお互いの感性に共鳴を感じつつの17年間であったかと思われます。

2017年春、山梨県中央市にevam eva yamanashiが誕生しました。

その土地に根ざした精緻なしつらえがふたりを吸い寄せます。

写真技術という共通点を持ちながらも、まったく違う表現方法で制作された二人の作品が、

同じ空間に同時に存在することで、思いもよらない光が発せられ、皆様に届きますことを期待しています。

 

キュレーション 山本玲子(山本昌男写真事務所プロデューサー)

 

*****

 

山本昌男

16歳より写真を撮り始め、絵画の勉強を経た後、写真技法による作品発表にいたる。

1994年アメリカ市場での発表が続き、96年Yancey Richardson Gallery,ニューヨークでの個展開催。

以来欧米日本のみならず各国で展示。現在山梨県の八ヶ岳南麓に在住。

HP:http://www.yamamotomasao.jp/

 

木村朗子

小学生の時に父のカメラを使い撮影を始める。

立教大学社会学部卒業後、会社勤務の傍ら写真制作を開始。

2005年世田谷ものつくり学校にての「閑」、07年京都PRINTZ「Link」

11年より「 i 」ベルリン、speak for 東京など個展多数。横浜市在住。

HP:http://roof-8.com


ニコンプラザ名古屋「フォトプロムナード」での展示

ニコンプラザ名古屋の「フォトプロムナード」というスペースにて、NikonのDfというデジタルカメラで撮影した写真8点を展示していただいています。
お近くにいらっしゃる際は、ぜひお立ち寄りください。

「ニコンプラザ名古屋」フォトプロムナード
 木村朗子写真展「 f 」

期間: 2017年8月19日(土)〜9月20日(水)*日祝は定休
住所: 愛知県名古屋市東区東桜1-13-3
    NHK名古屋放送センタービル2階
電話: 0570-02-8060
時間: 10:30〜18:30 ※最終日展示は15:00まで


ニコンプラザ銀座「フォトプロムナード」での展示

ニコンプラザ銀座の「フォトプロムナード」というスペースにて、NikonのDfというデジタルカメラで撮影した写真8点を7月いっぱい展示していただいています。
(そのあと名古屋のニコンさんでも展示していただく予定です)
お近くにいらっしゃる際は、ぜひお立ち寄りください。

あたらしくできたGSIXビルのお隣です。

http://www.nikon-image.com/support/whatsnew/2017/0623.html

 

展示期間:2017年7月1日(土)〜7月31日(月)

住所: 東京都中央区銀座7-10-1
STRATA GINZA(ストラータ ギンザ)1・2階
営業時間: 10:30〜18:30 ※最終日展示は15:00まで。

 

今回展示いただいている作品は、10年以上前に恵比寿の家具工場跡地や世田谷ものづくり学校で展示させていただいた閑/Stillness」の続きです。
当時はフィルムカメラで撮影していましたが、今回はデジタルカメラで撮影。
撮影レンズが50mm1本(標準レンズ、広角でも望遠でもないもの)なのは変わらずです。

 

以下は展示に添えている「あいさつ文」です。

 

カメラは何千分の一秒という速さで常にこの瞬間をとらえようとしてくれているのですが、ファインダーをのぞいてピントを合わせている私の心は、今ここにある美しい瞬間とどれだけ向き合えているのでしょうか?  
日々をともにしている家族をとおして見つめなおしてみたいと思いました。


i -clouds reaching the heavens-

5月も終わりが近づいてまりました。

先日11日に、会期を終了いたしました「木村朗子写真展 i -clouds reaching the heavens-」会場にお運びくださったみなさま、ご遠方から、またご多用中のところを、本当にありがとうございました。
そして、会場にいらっしゃれなかったけれど、気にかけてくださったりご連絡をくださったみなさまにも感謝です。

風が気持ちよく抜ける代官山で、たくさんの出会いに恵まれた、うれしい2週間でした。


最初の壁は、「神社」のことを想いながら並べました。


2番目、3番目の壁は、「あいと発酵」を想いながら。


広いお部屋は、向かって右手の壁は「平等」を想いながら、最後の一枚は「希望」正面の壁は、言葉が浮かばないなかで並べました。


正面の壁、最後の一枚はクロアチアの写真でした。

ギャラリーの夜の雰囲気もまた、好きでした。


私の好きな作家さんたちのお品がテーブルに並び、作品にあわせていただいた選曲も素晴らしくて、本当にありがたいことでした。

展覧会は一回性の出来事で、同じ作品でも隣にどの作品が並ぶかや、会場や額装で全然違った見え方ができたり、観に来てくださる方をはじめ、かかわってくださるみなさんと一緒につくりあげるワクワクでいっぱいのものだなぁと思います。
みなさんに大変お世話になりながら、試行錯誤しながら、最高で最良のものをという想いをオープニングに向けて矢のように放つ。シュパ!

ご購入いただいた作品や作品集ををご自宅やお仕事場で愛でていただけることはこのうえない喜びで、たくさん力をいただきました。
ありがとうござました。

またいつか、どこかでお目にかかることができたら嬉しいです。
感謝をこめて。

木村朗子

*今回の展覧会では、特に下記の方々にお世話になりました。
あらためて、お礼を申し上げます。

GALLERY SPEAK FOR ディレクター 吉田広二さん 
アーティスト 青柳拓次さん
写真弘社 吉木直子さんさん、大島さん
アフロアトリエ 松平光弘さん
キャノン imagePROGRAF PRO-1000、iPF9400
東美 佐々木さん
季せつの手しごと 山本さとみさん
evam eva 近藤尚子さん、横山さん、石川さん
fremont 柳さんご夫妻

展覧会の情報をご掲載いただき、ありがとうございました。
コマーシャルフォト
tocotoco
アサヒカメラ

IMA ONLINE
SHOOTING
ほか

写真展、明日で終了です



5月8日(日)も在廊させていただき、たくさんの方にお目にかかれて嬉しかったです。
お運びくださったみなさま、ありがとうございました。

代官山という街と、こちらのギャラリーの空間がとても気持ちがよく、毎回在廊が楽しみです。
明日は写真展の最終日、13時〜18時にかけてギャラリーにおりますので、お気軽にお声掛けください。

本日5月10日(火)は、代官山蚤の市もやっているそうです。お天気もつといいですね。

| 1/7PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM