うちなる光 stillness  木村朗子+山本昌男 写真展

evam eva yamanashi での展示のお知らせをさせていただきます。

 

「うちなる光 stillness    木村朗子+山本昌男 写真展」

 

Masao Yamamoto 

 

Akiko Kimura

 

会期 2018年1月26日(金)〜2018年3月5日(月) ※2月15日(木)より展示内容が変わります

時間 11:00〜19:00 ※水曜日定休

*1月27日(土)15:00〜 オープニングレセプションパーティー

 

会場 evam eva yamanashi

山梨県中央市関原885 (甲府駅から車で約30分、バスもございます)

 

在廊予定

1月27日(土)/  2月18日(日)/  3月4日(日)、5日(月)

※その他の在廊日程は、随時 evam eva HPにてお知らせいたします。

 

展示期間中関連イベント

2月3日(土) 詩人 白井明大さんお話会 「旧暦のある暮らし 春隣りにて」

14:00〜

 

3月4日(日) 音楽家  Takuji (青柳拓次さん)LIVE

13:30  開場 / 14:00  開演

※ご予約等詳細については、後日 evam eva HPにてお知らせがございますので、ご確認ください。

 

*****

 

2000年、東京南青山のSpiral Galleryでの山本昌男展に訪れた木村が一通の手紙を出して…

それがふたりの出会いでした。

それぞれの道を歩みながらも、たまの接点に於いてお互いの感性に共鳴を感じつつの17年間であったかと思われます。

2017年春、山梨県中央市にevam eva yamanashiが誕生しました。

その土地に根ざした精緻なしつらえがふたりを吸い寄せます。

写真技術という共通点を持ちながらも、まったく違う表現方法で制作された二人の作品が、

同じ空間に同時に存在することで、思いもよらない光が発せられ、皆様に届きますことを期待しています。

 

キュレーション 山本玲子(山本昌男写真事務所プロデューサー)

 

*****

 

山本昌男

16歳より写真を撮り始め、絵画の勉強を経た後、写真技法による作品発表にいたる。

1994年アメリカ市場での発表が続き、96年Yancey Richardson Gallery,ニューヨークでの個展開催。

以来欧米日本のみならず各国で展示。現在山梨県の八ヶ岳南麓に在住。

HP:http://www.yamamotomasao.jp/

 

木村朗子

小学生の時に父のカメラを使い撮影を始める。

立教大学社会学部卒業後、会社勤務の傍ら写真制作を開始。

2005年世田谷ものつくり学校にての「閑」、07年京都PRINTZ「Link」

11年より「 i 」ベルリン、speak for 東京など個展多数。横浜市在住。

HP:http://roof-8.com


ニコンプラザ名古屋「フォトプロムナード」での展示

ニコンプラザ名古屋の「フォトプロムナード」というスペースにて、NikonのDfというデジタルカメラで撮影した写真8点を展示していただいています。
お近くにいらっしゃる際は、ぜひお立ち寄りください。

「ニコンプラザ名古屋」フォトプロムナード
 木村朗子写真展「 f 」

期間: 2017年8月19日(土)〜9月20日(水)*日祝は定休
住所: 愛知県名古屋市東区東桜1-13-3
    NHK名古屋放送センタービル2階
電話: 0570-02-8060
時間: 10:30〜18:30 ※最終日展示は15:00まで


ニコンプラザ銀座「フォトプロムナード」での展示

ニコンプラザ銀座の「フォトプロムナード」というスペースにて、NikonのDfというデジタルカメラで撮影した写真8点を7月いっぱい展示していただいています。
(そのあと名古屋のニコンさんでも展示していただく予定です)
お近くにいらっしゃる際は、ぜひお立ち寄りください。

あたらしくできたGSIXビルのお隣です。

http://www.nikon-image.com/support/whatsnew/2017/0623.html

 

展示期間:2017年7月1日(土)〜7月31日(月)

住所: 東京都中央区銀座7-10-1
STRATA GINZA(ストラータ ギンザ)1・2階
営業時間: 10:30〜18:30 ※最終日展示は15:00まで。

 

今回展示いただいている作品は、10年以上前に恵比寿の家具工場跡地や世田谷ものづくり学校で展示させていただいた閑/Stillness」の続きです。
当時はフィルムカメラで撮影していましたが、今回はデジタルカメラで撮影。
撮影レンズが50mm1本(標準レンズ、広角でも望遠でもないもの)なのは変わらずです。

 

以下は展示に添えている「あいさつ文」です。

 

カメラは何千分の一秒という速さで常にこの瞬間をとらえようとしてくれているのですが、ファインダーをのぞいてピントを合わせている私の心は、今ここにある美しい瞬間とどれだけ向き合えているのでしょうか?  
日々をともにしている家族をとおして見つめなおしてみたいと思いました。


i -clouds reaching the heavens-

5月も終わりが近づいてまりました。

先日11日に、会期を終了いたしました「木村朗子写真展 i -clouds reaching the heavens-」会場にお運びくださったみなさま、ご遠方から、またご多用中のところを、本当にありがとうございました。
そして、会場にいらっしゃれなかったけれど、気にかけてくださったりご連絡をくださったみなさまにも感謝です。

風が気持ちよく抜ける代官山で、たくさんの出会いに恵まれた、うれしい2週間でした。


最初の壁は、「神社」のことを想いながら並べました。


2番目、3番目の壁は、「あいと発酵」を想いながら。


広いお部屋は、向かって右手の壁は「平等」を想いながら、最後の一枚は「希望」正面の壁は、言葉が浮かばないなかで並べました。


正面の壁、最後の一枚はクロアチアの写真でした。

ギャラリーの夜の雰囲気もまた、好きでした。


私の好きな作家さんたちのお品がテーブルに並び、作品にあわせていただいた選曲も素晴らしくて、本当にありがたいことでした。

展覧会は一回性の出来事で、同じ作品でも隣にどの作品が並ぶかや、会場や額装で全然違った見え方ができたり、観に来てくださる方をはじめ、かかわってくださるみなさんと一緒につくりあげるワクワクでいっぱいのものだなぁと思います。
みなさんに大変お世話になりながら、試行錯誤しながら、最高で最良のものをという想いをオープニングに向けて矢のように放つ。シュパ!

ご購入いただいた作品や作品集ををご自宅やお仕事場で愛でていただけることはこのうえない喜びで、たくさん力をいただきました。
ありがとうござました。

またいつか、どこかでお目にかかることができたら嬉しいです。
感謝をこめて。

木村朗子

*今回の展覧会では、特に下記の方々にお世話になりました。
あらためて、お礼を申し上げます。

GALLERY SPEAK FOR ディレクター 吉田広二さん 
アーティスト 青柳拓次さん
写真弘社 吉木直子さんさん、大島さん
アフロアトリエ 松平光弘さん
キャノン imagePROGRAF PRO-1000、iPF9400
東美 佐々木さん
季せつの手しごと 山本さとみさん
evam eva 近藤尚子さん、横山さん、石川さん
fremont 柳さんご夫妻

展覧会の情報をご掲載いただき、ありがとうございました。
コマーシャルフォト
tocotoco
アサヒカメラ

IMA ONLINE
SHOOTING
ほか

写真展、明日で終了です



5月8日(日)も在廊させていただき、たくさんの方にお目にかかれて嬉しかったです。
お運びくださったみなさま、ありがとうございました。

代官山という街と、こちらのギャラリーの空間がとても気持ちがよく、毎回在廊が楽しみです。
明日は写真展の最終日、13時〜18時にかけてギャラリーにおりますので、お気軽にお声掛けください。

本日5月10日(火)は、代官山蚤の市もやっているそうです。お天気もつといいですね。

さとみちゃんの藍

このたび、写真展会場のテーブルに藍染作品「ランチョンマット」をご提供いただきました、「きせつの手しごと 季生(きしょう)」のさとみちゃんの作品を、我が家にもゆずっていただきました。

届いたとき、わっちゃんが、包みを開けて真っ先に藍の香りを楽しみ、満面の笑みで「甘いにおーい」と言って、さささっと床に敷いて、その上に寝転びました。







さとみちゃんの藍への、なんて真っ当な反応なのでしょうか。

あたたかくて、ほっとするのです。
じっくり眺めて、抱きしめて、香りを愉しんでいます。
もったいなくて使えないので、そんなふうに愛でている日々です。

さとみちゃんから教えていただく藍染にまつわるお話に、幾度となく感動しておりますが、このお話も大好きなので、以下に紹介させていただきます。

* ここから、さとみちゃんからいただいたメール *

染めあげた布を重ねておくと、ムラになったなって思うところも広がっていくんだよ!
それはとても感動的で、足りないところへ、たくさんあるところから動いていくんだよ。
あいは広がるの。


写真展会場の周りのこと 

写真展の会期も、後半に入りました。
残りあと5日間、5月11日(水)で終了します。

代官山はとても好きな街で、ご遠方からお運びくださるみなさまに、ご紹介させていただきたくなるような場所が、ギャラリーから徒歩数分のところに複数あるのが嬉しいです。
以下に、おすすめを。(2年前のご紹介とほぼ同じです)

【パン、デリ、お茶・イートインあり】
ヒルサイドパントリー代官山
* 天然酵母のクロワッサンが好きです、デリのキーマカレーも、美味しいです。

【本屋さん、総合文化施設】
DAIKANYAMA T-SITE / 蔦谷書店
* 本だけじゃなくて、雑貨や食品なども販売されています。

【緑】
西郷山公園
* のんびりできる場所です。

★★以下は、お子さま連れの方へ

【子ども服・雑貨】
子どもビームス
* 洋服以外にも、いろいろ。わっちゃん園外用の、15リットルのリュックみつけました。

【子どものおもちゃ・絵本】
ボーネルンド
* おもちゃも素敵ですが、絵本コーナーのセレクションも好きです。
小さなスペースですが、遊び場があって、靴を脱げるスペースもありますので、抱っこひもに乗った小さいお子さんは、身体を伸ばしていただけるかと思います。

ギャラリーのある道(旧山手どおり)沿いには、プリントが素敵なお洋服ミナペルホネンさんはじめたくさん素敵なお店があって、一本裏道に入ると、デニム屋UESさんなども。
連休中もそれほどの混雑はなく、気持ちのいい風が吹き抜けていました。


夕暮れ時の鯉のぼりも、気持ちよさそうに泳いでました。

そして、ちょうど、蔦谷書店の敷地の一角(GARDEN GALLERY)で、古道具市をやっていました。
こちらは明日、7日の土曜日までです。


左はもともと家にあったティーポット、これに似合うミルクポットを探していて、真ん中のものを購入しました。
右側のピッチャーは、メダカのおうちになりました。アメリカ製。


こちらは、パンパンになってきたお裁縫箱を、ひとまわり大きいサイズに。600円。ありがたく。

残り少ないゴールデンウィーク、みなさまにとってよい時間でありますように。

写真展が始まりました i - clouds reaching the heavens -

(お写真提供:けんけん・・・っていうか私のカメラ電池切れでした。相変わらずツメが甘い!)

たくさんの方のお世話になって、展覧会が始まりました。
29日のレセプションパーティー&トークショー、お忙しい中お越しくださった皆さま、お目にかかれて嬉しかったです。
大変ありがとうございました。

昨日も在廊させていただきました、お運びくださった皆さま、本当にありがとうございました。

作品を観てくださる皆さま、作品や作品集を購入してくださる、作品の感想をおっしゃってくださる皆さまとお会いして、つくづく、こうしてみなさんと一緒に作品に関われている喜びを感じました。
作品を大切に思ってくださる皆さまが、「 i 」そのものなのだと思いました。

今週も在廊する予定ですので、また皆さまにお目にかかれる機会を楽しみにしております。

そして、会場中央のテーブルの上に紹介させていただいているお品が好評で、すでに品薄になっております。
愛のこもった手仕事の数々、なくなり次第終了のものもございますので、あしからずご了承ください。

展覧会は、5月11日(水)まで続きます。
初夏の代官山、ぜひお出かけください。

初日のトークでは、アーティストの青柳拓次さんとお話をさせていただきました。
作品を制作するきっかけとなり、ずっと私の栄養となっている青柳さんの音楽について、たくさんお問合せをいただきましたので、僭越ながら、一ファンとして、以下にご紹介させていただきたく存じます。

(アマゾンのリンク先を貼っております)

写真展のこと evam eva


evam eva 2015 automne - hiver catalogueから

今週29日(金)から始まる展覧会でご一緒させていただく方々のことを、少しずつ紹介させてください。

毎朝、袖をとおすと安らいで心が落ち着くお洋服をつくってくださっている「evam eva」の近藤尚子さん。
尚子さんの誠実なお人柄が、うつくしい山梨の地で心地よい天然素材のお洋服を産みだしてくれています。

心のこもった丁寧な仕上がりのもの。
「エレガント」というのはこういうお洋服が似合うようになることかなと憧れて、日々着させていただいています。
(先ずは形から)

綿や麻の初夏向けニットが、展覧会場中央のテーブルに並びます。

「今」に在ること。

「今日一日をどのように過ごすかが、どんな人生を送るか、につながるのよ」
母の言葉を思い出します。

展覧会のこと 青柳拓次さん


お友だちからいただいた「藍」のバラ。
さとみちゃんの藍染と。

来週29日(金)から始まる展覧会でご一緒させていただく方々のことを、少しずつ紹介させてください。

初日のレセプションでギャラリートークを予定しておりますが、音楽家の青柳拓次さんとお話させていただくことになりました。

青柳さんをとおって出てくるものは、音、言葉、映像、絵、いろいろな形式をとりながら美しくここにあって、いつも心を自由に、そして静かに熱くしてくれるので、おかげですっかり笑顔になって、青柳さんの作品に出会ってからの25年を楽しく過ごしてこられました。

撮影で出かけるとき、現地のお友だちへのお土産はいつも青柳さんのCDでした。
素晴らしい音楽は軽々と国境を越え、どんな土地にも似合うのでした。
ご縁をいただいた人たちと大好きなものを分かち合ってこられたことも、作品の制作をとおした良い思い出となっています。

ギャラリートークおよびレセプションパーティーは、どなたでもご予約なしでご参加いただけます。
みなさまにお目にかかれたら嬉しいです。

| 1/6PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM