師走

あたたかなイブの夜でした。

 

前日に保育園のクリスマス礼拝で観た年長さんによる「ページェント」が素晴らしかった−なんてもんじゃないほど、素晴らしかった。
羊飼いたちが生まれたばかりのイエス様にお祈りするシーンで、まるで当時にタイムトリップして状況を眺めているみたいになり、目の前の風景がだぶってみえた− クリスマスというものを、子どもたちから教えていただきました。

 

わっちゃんがとうちゃんと書いたページェントの絵。

 

師走。

 

母が都内に入院していたので、日々の暮らしに病院通いが加わりさらにダッシュで過ぎた2017年の終わりでした。
退院の日に母が「一生分の親孝行をしてもらいました」とメールをくれました、させてもらえるうちが花だと思いました。

 

1月から始まる写真展の準備で、作品・額装の木枠やアクリルの寸法を考えるのに、頭からまっ黒い煙をぷしゅーっと吹き出しながら「脳みそが売っていたら買いたい」と夫に訴えると、「マルコメ味噌でも買ってきて入れ替えたら、今より計算が早くなると思う」とにやにやしながら返される。


その会話を友だちに伝えたら「畑で大豆をつくっているから良かったらうちの味噌を」と言ってくれたので、熟成したやつをお願いしたい−と伝える。

 

さらに。
「サイズが確定しました」と自信満々にアクリルのサイズを連絡していたその内容について、横須賀線のなかで急になにかが降りてきたみたいに「間違ってますから〜」(←泣きそうな感じで)と気づき、漫画でいうところの顔に「だ―――」って縦線が入って真っ黒になる感じ。

 

よれよれと(いつもよれよれだけど)ホームに降り、とりあえずホームにあるベンチにへなへなと座りまっちゃんに電話して泣きつき、いったん気持ちを落ち着ける。(そして発注ギリギリ前のセーフでした)

 

最終チェックをしなければならない資料を前に「ふー、しぬ、ふー、しぬ…」とぶつぶつ言ってたら、夫が「そう言ってて何も考えてないでしょう? その時間、無駄だよ」とにやにやしながら言うので、はっとして、確かに何も考えていなかった−と思う。

「なんで何も考えていないってわかったの?」と聞いたら「そりゃわかるでしょう」と言う。
そして「このまま死んだらみんなに迷惑だから、サイズ確定してからにしたら?」と言われて、それもそうだと思う。

 

夫の大学時代からの親友とそのご家族たちと集う。

 

この4人が揃うと兄弟にみえて仕方がないのはいつものこと(夫は三男にみえる)でこれまでの時間の積み重ねを想うし、とても縁の深い人たちで4人とも本当に優しい人たちだなーと会うたびに、そう思う。
2家族が長らく海外在住だったので全員そろったのはとても久しぶりでした。

こうして会話して、触れていられる今を幸せに思うし、限りのある人生を、今を大事に生きようと思うのでした。

 

最後にお知らせですが、むつう整体みらいゆ品川は木村仁院長が整体院の運営からご引退されるのにともない、12月30日(土)をもって閉院することになりました。
これまで品川でお世話になったみなさま、ありがとうございました。

 

そしてこの1年をとおしてみなさまには大変お世話になり、本当にありがとうございました。
どうぞ良い年末年始をお過ごしください。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM